住宅ローンの滞納は生涯学習と継続教育に支障をきたす

住宅ローンの滞納は、生涯学習と継続教育に支障をきたす可能性が高いです。
住宅ローンを滞納すると、信用情報に傷がつくので、
借り換えローンなどの審査に通らなくなります。
借り換えをすることが重要な住宅ローンですので、
信用情報に傷がついて借り換えができなくなると、
数百万円の損失となることもあります。
また、住宅に抵当権を設定しているので、
滞納を続けていると、住宅を強制売却されてしまいます。
1つの場所で落ち着いて住めるということは、
生涯学習と継続教育にとって重要なことです。
住み替えをすると、精神的なストレスを感じる機会も増えるので、
生涯学習と継続教育に影響が出てしまいます。
金銭的な意味でも、また精神的な意味でも、
住宅ローンの滞納は避けるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です