図面屋を育てる教育とその人生について

施工図を作成する図面屋はすぐになれるわけではありません。
基本的なデザインの仕方を学んだあとは、
自分自身のセンスを磨かなくてはなりません。
図面屋の多くが、師匠となる上司のもとで
働きながら学んでいきます。
そこで得た教育的な知見は一生ものになりますから、
一生懸命ついていくことが大切です。
まずはそのことを認識しながら図面屋としての人生を
歩んでいってほしいです。
そうすればいつか必ず、一人前の力を
身に付けることができるからです。
教育も大切ですが、学ぼうとする意欲はもっと重要なのです。
そのことを知っている人が、最も信頼を集める
図面作成者になることは間違いありません。
自分としても鍛錬を続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です