2月 2017

ウユニ塩湖に行ってから人生の生涯学習と継続教育が重要だと再認識した

以前、旅行でウユニ塩湖に行ってから人生の生涯学習と継続教育が重要だと再認識しました。
ウユニ塩湖というのは南米のボリビア西部にある都市ウユニの近くにある
広大な塩の大地であり、アンデス山脈に囲まれていることが特徴です。
標高約3700mということで富士山と同じくらいの高さに位置していますし、
岐阜県と同じくらいの広さがあります。
見渡す限り真っ白の神秘的な大地が広がっているのですが、
この場所はアンデス山脈が海底から隆起した際に大量の海水が
山上に残って形成されたと言われています。
塩湖全体の高低差は50cm以内となっており、
世界で最も平らな場所ともされています。
ウユニ塩湖では降った雨が流れることなく大地に薄く膜を張るため、
神秘的な景色を見ることができます。

住宅ローンの滞納は生涯学習と継続教育に支障をきたす

住宅ローンの滞納は、生涯学習と継続教育に支障をきたす可能性が高いです。
住宅ローンを滞納すると、信用情報に傷がつくので、
借り換えローンなどの審査に通らなくなります。
借り換えをすることが重要な住宅ローンですので、
信用情報に傷がついて借り換えができなくなると、
数百万円の損失となることもあります。
また、住宅に抵当権を設定しているので、
滞納を続けていると、住宅を強制売却されてしまいます。
1つの場所で落ち着いて住めるということは、
生涯学習と継続教育にとって重要なことです。
住み替えをすると、精神的なストレスを感じる機会も増えるので、
生涯学習と継続教育に影響が出てしまいます。
金銭的な意味でも、また精神的な意味でも、
住宅ローンの滞納は避けるべきです。